ソニー健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

住所が変わったとき

住所が変わった場合

ソニー健保では、本人(以下、被保険者という)ご自身の住所情報のみならず、家族(以下、被扶養者という)の最新の住所情報も管理しています。これは、ソニー健保からの発送物等の誤配送を防ぐだけでなく、被扶養者がお住まいの市区町村からの医療費助成(乳幼児(こども)医療費など)を受けているかどうかを判断するための、大変重要な情報となります。

よって、被扶養者の住所が変更になったときや、被保険者と被扶養者の居住状況に変更があったとき(同居から別居になった場合 または、別居から同居になった場合)は、すみやかに届出てください。(保険証の添付は不要です)

また、保険証裏面の住所欄は、ご自身で修正してください。

注意事項

  • ご家族が市区町村からの医療費助成(乳幼児(こども)医療費など)を受けている方は、ソニー健保からの付加給付金を停止する必要があるため、最新の住所情報が必要となります。市区町村からの医療費助成を受けているにも関わらず、正しい住所のご申請がないまま、ソニー健保からの付加給付金が支給された場合、重複支給となるため、後日ソニー健保からの支給分を返金していただくこととなりますのでご注意ください。このような事態を未然に防ぐためにも、住所が変更になった場合には、すみやかに届出てください。
    ※市区町村からの医療費助成についての詳細は、こちらをご確認ください。
  • 正しいご住所のご登録がない場合、ソニー健保が発行する各種郵便物が届かない等の不都合が生じますので必ず住所変更申請を行ってください。

ページ先頭へ戻る